ひなあられのあられを折り紙で♪折り方簡単!入れ物は色選びが重要

折り紙

3月のひな祭り、お雛様いがいに飾るとしたら
桃の花、ひなあられでしょうか。

食べるあられの現物ではなく折り紙で作りたいなーと
(ひな祭り前に子どもに食べられちゃうのを予防)
折り紙で作ることにしました。

折り紙の「ひなあられ」の作り方をご紹介しますね。

『丸めるだけでしょ』なんて言わずに
ひと手間できれいなあられができるので
ぜひ参考にしてみてくださいね(^◇^)

紙風船がひなあられに!

折り紙の紙風船の折り方

遊んで楽しい「折り紙の紙風船」がひなあられになりますよ!!


15㎝折り紙ではでかすぎるので7.5㎝の小さな折り紙を使います。

5㎝折り紙でもいいのですが、不器用なので無理でした。
あまり手先の器用さに自信がない人は7.5㎝がおすすめです。


左が15㎝折り紙で折りました。
右が7.5㎝折り紙です。

簡単!丸めて作る「折り紙ひなあられ」の作り方

ただ丸めるだけよりもきれいな仕上がりで
「ひなあられ」を作れます♪

【材料】
・折り紙

折りそこないや切り端の折り紙を使います。
無ければきれいな折り紙で作ってください。

・のり、ボンド
・はさみ

 

【作り方手順】
①7.5㎝サイズに切り分けます。

②4枚くらいを重ねて角を丸く切ります。

③黒線で切ります。

④黒線で切込みを入れます。

⑤いらない紙を適当な大きさに切ります。

スポンサーリンク

⑥丸めます。

⑦切った紙の真ん中に乗せます。

⑧ボンドを付けます。
※4か所に付けましたが、8か所すべてにつけたほうが
貼りつけやすいかもしれません。
(ただ手がベタベタになりやすいです。)

⑨真ん中の詰め物をくるんでいきます。

⑩最後はしっかりと押さえて貼り付けます。

折り紙で作るひなあられの完成です!!

今回はいらない折り紙を詰め物にしましたが、綿やぼんてんを入れてもいいと思います。

糸を付けてつるす場合は針が通りやすくて軽い“綿”を使うほうがいいですよ。

ただ丸めるだけよりきれい

小さい折り紙を用意。

くしゃくしゃと小さく丸めます。

はい、完成!
まるめるだけでひなあられっぽくなります(^^)

包むより簡単ですが、白い部分やわれめが見えて見栄えはあまりよくないですね。

こっちのほうがきれい!

ごつごつした部分もひなあられっぽくていいと思います。

ひなあられの入れ物「三方」の色は?

折り紙でひなあられの入れ物を作るとき
春らしい淡い色で折りがちです。

とても素敵ですがひなあられの色と一体化してしまうかも。

三方の色を黒にすると、ひなあられが映えますよ!

どうでしょうか。

高級感も出たように見えます。


節分、ひな祭りに使える「三方」の作り方

色合わせも楽しいので、お好みの色で作ってみてくださいね。

まとめ

折り紙のひなあられの作り方をご紹介しました。

小さな折り紙で風船を折ったものでも、
丸めた紙を包むのでもひなあられができちゃいました。

ひなあられが好きじゃない!ひなあられを買い忘れた!
というときはササッと作ってみてくださいね。

 

小さな子どもが間違って口にしないようにだけ
気を付けてもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました