こよりの作り方-半紙とティッシュを比較!七夕のために作ってみた

ティッシュペーパー

一年で「こより」を使う機会と言えば
七夕くらい、ですよね。

 

今回はたなばたのための『こより』の作り方を紹介します。

 

こよりは買ってもいいんですが100本セットとか
1000本セットとかでとてもじゃないけど使い切れない量が入ってます。

わざわざ買わずともすぐに作れるものなので
ぜひ自作してみてください。

 

材料はティッシュや半紙
半紙は100均でも売っています。

スポンサーリンク

七夕に使える「こより」 作り方

ティッシュや習字で使う“半紙”で
こよりを作っていきます。

ティッシュはどこの家にでもあるし
半紙は100均に売っているので
それほどお金を使わなくても作れます。

 

小学生の子どもがいる家だと
書初めに使った半紙が余っていることも多いですから
わざわざ用意しなくてもいいかもしれませんね。

 

ティッシュを使ったこよりの作り方

【用意するもの】
・ティッシュ

【作り方】
①ティッシュペーパーは2枚重なっているのを
分けて1枚にします。

 

②2~3cm幅に手でちぎるように切ります。
紙の方向に気を付け、自然に裂ける方向に切ります

 

③先っぽからねじっていきます。
親指と人差し指でつまんでねじっていく感じです。

 

④片方の端っこは残しておきます。

 

ティッシュペーパーで作るこよりの完成です。

 

半紙・書初め用紙を使ったこよりの作り方

【用意するもの】
半紙/書初め用紙
・はさみ

 

【作り方手順】
①半紙の場合はそのまま
書初め用紙の場合は三等分くらいに切って使います。

 

②半紙(切った書初め用紙)を半分に折ります。

スポンサーリンク

 

③さらに半分に折る。
それを繰り返して使いたい幅にします。

2cmくらいにしました

④はさみで切ります。

 

⑤端っこからねじっていきます。
半紙はティッシュに比べてかたいので
破れないように気を付けて。

 

⑥端までねじっていきます。
親指と人差し指でつまんでよじるようにします。

半紙を使ったこよりの完成です。

 

最初の長さと比べるとかなり短い仕上がりになるので
半紙を切るときは使いたい長さよりも大きめに切りましょう。

けっこう短くなってしまいます。

 

ティッシュで作ったたこよりと
半紙で作ったのを比べてみました。

(上:ティッシュペーパー
下:半紙)

同じくらいの幅で作った場合、半紙のこよりは
わりと太めにできます。

 

七夕の笹飾りを外に置く場合は雨でぬれてしまうので
ティッシュペーパーのこよりはやめた方がいいと思います。

濡れてちぎれて、飾りや短冊がなくなってしまうと
とても悲しいです(短冊は恥ずかしいかも)。

 

手軽に作れるのはティッシュのこよりですが
強度が無くて不安なので半紙をオススメしておきます!!

 

七夕飾りを飾る こよりの使い方

ひらひらを残しておいた方の部分を
七夕飾りにのりなどで貼り付けます。

 

先っぽ部分はそのままにして置いたり
輪っかにしたりと“笹”に取り付けやすいようにしておきます。

 

結び付ける場合はそのままにしておくといいと思います。

輪っかにしておくと、笹を輪に通すだけなので
七夕飾りをつけやすいですよ。

七夕飾りや短冊に使えるこよりの作り方 まとめ

七夕の笹飾りに欠かせない“こより”の作り方を紹介しました。

 

指先に水分・脂分がないアラフォーには
紙をよじる作業がつらい・・・。

水分を付けるとティッシュも半紙もふにゃふにゃになるし
適度な湿り気を与えつつ慎重に作ってもらえればと思います。

 

先端がねじれればスムーズに下までねじることができるので
最初が肝心です!!

 

七夕の短冊とこよりがセットになっているので
これを使ってもいいかもしれませんね。
作るの面倒ですもんね(^_-)-☆

コスパもいいので100均の半紙やティッシュペーパーで
ぜひたくさんこよりを作ってみてくださいね。

 

 

ちなみにくしゃみ誘発のために鼻をこちょこちょするには
『ティッシュのこより』を使ってくださいね。

半紙はかたすぎます・・・。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました