折り紙☆ポチ袋の折り方!簡単・可愛いぽち袋の作り方,,,お正月に間に合う【工作】

作って使える

子どもにとってお楽しみなのがお正月のお年玉。

分かっていたのにが忙しくて、ついうっかりポチ袋を買い忘れて焦ることは毎年ありますよね。

元旦に焦らずにすぐ用意できる「折り紙ポチ袋の折り方」を紹介します。

折り紙や千代紙や包装紙、色付きの和紙があれば華やかなポチ袋が作れます。

何もなければコピー用紙でも作れるので、早朝からコンビニに行かずに手作りしてみてください。

スポンサーリンク

簡単でかわいいポチ袋【折り方】

準備するのは折り紙や千代紙、なければコピー用紙や半紙でもいいですね。

ポチ袋の折り方・・・折り紙を用意しました。黄色は説明用、可愛い千代紙も使います

①色のついていない方を上にして折り始めます。

両面カラーや模様のある折り紙の場合
メインのカラー・柄を下にしてください。

ポチ袋の折り方・・・メインの色を下にして折り始めます


②角を少しずらして、三角に折ります。

ポチ袋の折り方・・・角をずらして裏面が少し見えるように三角を折ります


③さらに三角に折りますが角を少し押さえて

しるしを付ける程度折ります。

ポチ袋の折り方・・・押さえる程度にしてしるしを付けます


④裏返して、しるしにつけた折り目に角を合わせて折ります。

ポチ袋の折り方・・・三角の長い辺真ん中にしるしを付けました

ポチ袋の折り方・・・角をしるしに合わせて折り上げます


⑤裏返してたてに置きます。

ポチ袋の折り方・・・裏向けて縦にした黄色の折り紙


⑥上下を折ります。

説明では逆ですが、上を折ってから下を折ってください。

ポチ袋の折り方・・・上下を折り始めている黄色の折り紙

ポチ袋の折り方・・・上下を折ります


表に向けたら完成です!!

ポチ袋の折り方・・・表向けて完成した黄色の折り紙ポチ袋

ちょっとアレンジしたポチ袋

もう少し折るとアクセントのあるポチ袋になります。

 

①三角の部分を折り返します。

アレンジポチ袋の折り方・・・三角を折り返しますアレンジポチ袋の折り方・・・三角を重ねて折ります

スポンサーリンク

②後ろ側で折っていた部分を開きます。

アレンジポチ袋の折り方・・・上下を開きます


③表側で上下に折ります。

アレンジポチ袋の折り方・・・前で上下に折ります

アレンジポチ袋の折り方・・・上下を折って完成です


④差し込んだら完成です!

ポチ袋折り方・・・黄色のポチ袋アレンジバージョンが完成しました

 

和紙や千代紙で折るポチ袋がおしゃれ

 

千代紙でポチ袋を作ると華やかでいいですよ

単色の折り紙もいいですが、お正月のお年玉に使うのだから

華やかな方がいいですよね♪

シンプルな折り方で作った千代紙ポチ袋が二つあります

千代紙で作った可愛いポチ袋が二つあります

お札を入れるときは三つ折りにして入れます。

お札の入れ方・・・ポチ袋の幅にお札が入るか確認します

いったん開いてから、包んでいくときれいにできます。

お札の入れ方・・・開いて、たたんだお札をのせて包みます
お札の入れ方・・・上下を上→下の順に折って完成です

上下に折るときは、上→下の順に折ってくださいね。

千代紙でおしゃれなポチ袋を作りました

折り紙で作る“ポチ袋”折り方 まとめ

千代紙4種類でポチ袋を折りました

家に子どもがいると折り紙があることもありますが、

ない場合はコピー用紙などで作ってもOK

中身のお年玉に興味がすぐにうつるので、多少渋いお年玉袋を使っていても

あまり気にしないのが子どもですからね。

 

可愛いポチ袋を残しておいて、たまに眺めてニヤニヤするような

子もいるので、できれば可愛い千代紙にこだわってほしい気持ちもあります。

(↑私の子ども時代(´・ω・`))

 

100均で買ったら、ポチ袋は5枚入って100円。

千代紙なら20枚入りで100円。

もっとたくさん入っているものもあるので、数年間はポチ袋をわざわざ買わなくても済むのでコスパもよくてほんとにオススメです(^^♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました