父の日プレゼントは手作りの裁縫「フェルトスマホ充電しながらケース」♪

手芸

こんにちは!

 

父の日のプレゼントで手作りするのにオススメの
「スマホケース」の作り方を紹介します。

 

持ち運びするときに使うケースじゃなくて、
充電中に入れて置けるフェルトバッグみたいなケースです♪

フェルトなら100均に売っているので
予算が少なくても大丈夫です!

 

子どもの簡単なイラストをアップリケにしたり
いろんなアイデアで作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

父の日のプレゼントは手作り裁縫スマホケースがオススメ♪【作り方】

今回は縦14.5㎝×横7㎝のスマホのケースを作ります。

【準備するもの】

・フェルト

・裁縫セット
(はさみ・糸・針があれば十分)

 

【作り方手順】
①スマホサイズに合わせて
フェルトを切ります。

フェルト1(水色):縦27㎝ / 横18.6㎝
フェルト2(青色):縦8.5㎝ / 横11㎝

 

②水色フェルトを二つ折りにして折り目で切り
2枚重ねにします。
(薄いフェルト生地のため二重にしました)

 

③青色フェルトと水色フェルトの下を合わせて
青色フェルトを乗せます。

 

④青色フェルトの余った部分を後ろに折りこみます。

 

⑤水色フェルト2枚重ねの間に挟みます。

 

⑥フェルトの上の方に
「充電器のコンセントにさす部分」を乗せます。

 

⑦形に沿って印を付けます。

スポンサーリンク

 

⑧×字に切込みを入れます。
(2枚重ねたままです)

 

⑨×字の切込みを入れたフェルトは内側に折りこみ
待ち針でとめます。
コンセントにさす部分が入ることを確認。

 

⑩ぐるっと縫います。
ブランケットステッチにしました。

 

⑪周囲をぐるっと縫ったら完成出です。

充電中のスマホを入れて
吊るして使います♪

 

子どもが描いた絵をアップリケみたいにして
デコっても可愛いですよ☆

パーツをフェルトで切ります。

 

ケースにくっつけます。

 

木工用や手芸用のボンドでくっつけてもいいし
糸で縫い付けてもいいと思います。

 

ボンドで貼り付けるほうが簡単です。

 

父の日プレゼントにオススメの手作りスマホケース まとめ

100均のフェルトを使う場合は
大きいサイズのフェルトにします。

今回の作り方ではポケット部分を付けるのも
周囲をぐるっとおさえるのも糸を使って縫いました。

裁縫がまだできない子どもが作るなら
全部ボンドで貼り付けてもいいと思います!

 

子どもが描いた「パパの顔」とかをアップリケすると
父の日の素敵なプレゼントになるんじゃないでしょうか。

 

充電中に使うスマホケース、ぜひ作ってみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました