折り紙のキャンディーボックスの折り方 かわいい箱は飴やお菓子を入れるのにピッタリ!

作って使える

折り紙で作る小物入れでも「キャンディ」の形をしているのは
とても可愛くてイベントなんかにオススメです。

今回は折り紙の『キャンディーボックスの作り方』を紹介します。

 

1枚で折る、キャンディ型の箱で、とってもかわいいです(^◇^)

中身を入れなくても、箱だけでもかわいいので
ハロウィンやクリスマスの飾りにもおすすめです。

スポンサーリンク

かわいいキャンディボックス(1枚)の折り方

【用意するもの】
・折り紙・・・1枚

 

【作り方】
①折り紙の色のないほうを上にして
縦横半分に折って開いて十字に折り目を付けます。

 

②真ん中の線に合わせて上下を折り、
折り目を付けて開きます。

 

③向きを変えて置いて、真ん中の線に合わせて
上下から折ります。

 

④裏返して縦長の向きに置き、
下の端を黒色の点線に合わせて折ります。

 

⑤折り目を付けたら開きます。

反対側も同じように折ります。

 

⑥横向きにおいて真ん中の折り目に合わせて
上下を折ります。

 

⑦裏返して置き、黒色点線(端から2番目の折り目)に合わせて
写真のように斜めに折ります。

 

⑧反対側にも同じように折り、
そのまま写真のように下に折ります。

⑨黒色矢印の部分を開くようにして
写真のように折ります。

【分かりにくい部分なのであとで詳しく解説します】

 

⑩黒色矢印のところを開いて折ります。

 

⑪写真のように下に倒して黒色矢印の部分を
引っ張って左下にある部分を引っぱり出して折ります。

 

⑫反対側も同じように引っ張り出して折ります。

⑬黒色点線で左に折ります。

スポンサーリンク

 

⑭下に下げていた部分をもとにもどします。

⑮反対側も同じように。
裏から見るとこうなっています。

 

⑯左右同じように折ります。

裏返して開き、形を整えます。

 

⑱白色楕円の部分をつまんで引き起こすように折ります。

左右同じように折ります。

 

これで『1枚で作るキャンディボックス』の完成です!

分かりにくい手順⑨~⑭を詳しく解説

このの部分は折り目を付けたらつまむようにすると
やりやすいです。

つまんで

たおす

開いて

折ります。

引っ張り出して

左の下からズルズルッと出てくるので

 

折り目にあわせて折ります。

左に倒して

もとにもどします。

下も同じように!!
引っ張り出して

折り目に合わせて折って

左に倒して

もとにもどす

何個も作っていくうちにどこを引き出して
どの折り目を使うのかが分かってきますよ☆

慣れてくると意外と簡単にできます。

7.5㎝の小さい折り紙でキャンディボックスを作ってみた

15㎝の普通サイズの折り紙で何個か作ってみると
慣れてくるので小さいサイズも簡単にできます!

7.5㎝折り紙で作ると箱部分が2㎝×2㎝のキャンディボックスになりました。
ビー玉がちょうど乗っかるサイズくらい。

ラムネとかグミを入れると良さそうですね。
チロルチョコは入らない大きさです。

まとめ:かわいいキャンディボックスの折り紙はお菓子を入れると小さい子が喜ぶよ

ひらひらが可愛いキャンディボックスの折り方でした。

箱だけで飾っていても見るからに「キャンディ」なのでかわいいです。
こんなのお菓子を入れて置いといたら絶対子どもが食いつくに決まってます!!

 

かわいい柄の折り紙があれば、たくさん折ってみたくなりますね。

小さい折り紙で作るのは大変ですがぜひ大小のキャンディボックスにチャレンジしてみてください♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました