折り紙キャンディボックスの簡単作り方!!可愛いふたつき六角形の箱が素敵すぎる

作って使える

今回は『かわいい折り紙キャンディボックス~フタつき六角形』の折り方・作り方を紹介します。

2枚を組み合わせて作るボックスで、
フタと入れ物合わせると計4枚の折り紙を使います。

 

複雑なので子どもには難しいですが、出来上がりはすごくかわいいので
小物入れやプレゼントボックスとして使うと喜んでくれますよ♪

スポンサーリンク

六角形の折り紙キャンディボックスの折り方

ボトムとなる六角形の箱のつくり方はこちらをご覧ください。
折り紙2枚の六角形の箱の作り方

 

【用意するもの】
折り紙・・・4枚
(フタに2枚、ボトムの箱に2枚使います)

 

【六角形箱のフタの作り方】
色のついている面を上にして角を合わせて三角に折ります。
折り目を付けたら開きます。

②縦横同じように十字の折り目を付け、
角を中心に合わせて折ります。

③下の部分だけ残して残り3つは開きます。

裏返して折り目に合わせて黒色点線で折ります。
付いてくる三角の部分は折らずに出します。

⑤反対側も同じように折ります。

⑥上は開いて下は三角部分を折り上げます。

⑦両端の角を黒色点線で内側に折ります。

⑧黒色点線で下に折ります。

⑨角を黒色点線で折り上げ、折り目を付けて戻します。

⑩真ん中の折り線に合わせて折ります。

⑪真ん中の折り線に合わせて後ろに折ります。

⑫左上の角を白色点線の折り目に合うようにして
黒色点線で折ります。

⑬折り目を付けたら開きます。

⑭さらに左側にめくって開いたら、
黒色点線で左に折ります。

⑮裏返して白色点線(折り線が付いています)上に角が来るように
黒色点線で折ります。

スポンサーリンク

⑯黒色点線で後ろに折ります。

⑰写真の状態まで開き、
黒色点線で左に折ります。

⑱裏返して白色点線(折り線が付いています)上に角が来るように
黒色点線で折ります。

⑲折り目を付けたら開き、後ろにある部分も開いて
黒色点線で後ろに折ります。

⑳黄色点線をつまむ感じで黒色点線で右に倒します。

横から見ると立体的になります。

㉑同じように黄色点線部分を山折にしてつまむ感じで
右に倒して折ります。

㉒次も同じように黄色点線部分を右に持っていって折ります。

これでパーツの完成です。

同じものを二つ作ります。

㉓重ねてみます。

外側はこんな感じです。

㉔さし込みます。
角が合うようにしっかり奥まで差し込みます。

㉕反対側を差し込むときは、洗濯バサミなどでとめておくと
ばらけなくてやりやすいです。

さし込めました。

フタの上はこうなっています。

かわいい六角形のキャンディボックス完成です!

フタと下になる箱を重ねてみます。

ボトム部分のほうが高さがあるので
バランスがいいです♪

ボトムとなる箱の部分の作り方
2枚の折り紙を使った六角形の箱の作り方

まとめ:折り紙キャンディボックス六角形のフタの作り方

折り紙2枚を使って作る六角形キャンディボックスの折り方でした。

ちょっと難しいのですが、どこに折り目を付けるのかが
分かるとスイスイ作っていくことができました。

慣れると簡単、ってやつです。

 

折り目をきっちりつけるのが大切なポイントです!

 

箱の上に折り紙で折ったモチーフを付けると
いろんなイベントの飾りに使えます。

お菓子などを入れてプレゼントすると
子どもにとってもよろバレルと思います♪

最初は慣れるのが大切なので、100均のシンプルな折り紙で
練習してみてくださいね。

慣れてきたらぜひかわいい柄の折り紙で
六角形キャンディボックスを作ってください!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました