てんとう虫の折り方【折り紙】簡単かわいい春の生き物を子どもと作る♪

生き物

春になるともそもそっと出てくる虫。

虫が苦手な人でもテントウムシだと
あまり気にならなかったりしますよね(^◇^)

 

今回は春の作品にオススメ
『てんとう虫の折り方』を紹介します。

 

虫の中でもチョウチョウとてんとう虫は
嫌がる人があまりいないんじゃないかと思います。

子どもがてんとう虫をつかむときの心配事は
小さくて丸いから小さい子だとつぶすんじゃないかと
ハラハラ・・・。

 

折り紙のてんとう虫ならつぶす心配もないので
折ってみてほしいと思います♪

スポンサーリンク

折り紙でテントウムシを作る【折り方】

【材料】
・折り紙

・シール/マジック
てんとう虫の星(柄)を描くのに使います

 

【作り方手順】

①色のついていない白い面を上にして
角を合わせて三角に折ります。

 

②黒色点線で折ります。

 

③反対側も折ったら
黒色点線で角を少し折ります。

スポンサーリンク

 

④折った角を内側に折りなおします。

 

⑤裏返して上の角を折り下げます。

 

⑥少し残して折り上げて
段々折りにします。

 

⑦黒色点線で角を折ります。

 

表に向けたら
『てんとう虫』の完成です!

 

 

丸シールで模様を付けたり
マジックで水玉を描くと
テントウムシらしくなりますよ♪

テントウムシの折り方 まとめ

小さい子にも簡単なてんとう虫の折り方でした。

 

羽に模様を付けて
ナナホシテントウなどにして
かわいいてんとう虫に仕上げてくださいね♪

 

 

春の生き物、「虫」は圧倒的に
女の子よりも男の子に人気ですよねー(^◇^)

女の子はあまり好んで虫の折り紙はしてくれませんが
てんとう虫は水玉模様が可愛いので
嫌がらずに折ってくれると思います。

 

“ラッキーモチーフ”のてんとう虫なので
虫だけどあまり嫌がらずに付き合っていきたいと思います。

 

天井や窓枠をゆっくり移動してるのを見ると
春を感じます(^^)

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました